就職のためのステップ!

一生ものの経験になるかも!

アルバイトで社会経験を積む

社会経験とは読んで字のごとく、社会に出て積んだ経験のことを言います。もちろん、学校生活を送り勉学などに励むことも、社会に出て経験を積んでいることにはなりますが、一般的にはそう言いません。なぜならば学校生活は何をするのも最終的には個人の自由に基づきますが、働いている場合、自分にとっては嫌なこと、辛いことも責任持って行動しなければなりません。つまり、責任をもって働く中で得たノウハウやスキルのことが、社会経験と呼ばれるものなのです。

アルバイト程度じゃ駄目でしょ、社員のように責任が伴っていないんだから、と考える人もいるでしょう。確かに、アルバイトは決められた時間内に決められた範囲の仕事を請け負うという働き方です。責任者でもなければ、物事を決める権利を持っているわけでもありません。しかし、例えば同じ作業でもより効率的な方法がないかと考えること、クレームを言いに来たお客さんへの接し方、バイトの後輩へより良い指導の仕方など、ありとあらゆる側面でノウハウの有無が関係します。そしてそこで培ったノウハウは、やがて就職して社員になった時に、「アルバイトの経験ではこうだったから、こうしてみよう」という理解につながります。業種が違ったとしても、販売のアルバイトで相手をしたクレームを言うお客さんへの対応が、怒り心頭に達している上司や顧客への謝罪の場面で活かされるかもしれません。どんなアルバイトでも一生懸命取り組むことで社会経験を積むことができ、その後の将来で力を発揮する可能性があるのです。

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>