就職のためのステップ!

一生ものの経験になるかも!

就職後のギャップを無くす為に

学生時代は、親の庇護の元で勉学に励む時期と考えるのが一般的でしょう。学生の本分は勉強することで、勉学に集中することが最も大事だという考え方もあるでしょう。それでも、いつまでも守られて学生をしているわけではなく、高校卒業後あるいは大学を出た後など、時期に違いはあるでしょうが遅かれ早かれ多くの人は社会人になって自分の力で稼いでいく必要があるはずです。しかし、社会経験が少なく庇護を受けていた学生時代からいきなり会社に就職して社会人になった時には、大きなギャップを感じるという問題がおこるかもしれません。違った年代の人と仕事をするストレスや、自分が仕事でミスすると多くの人に迷惑がかかるプレッシャーなど、学生時代には感じなかった体験をするギャップに悩むでしょう。このギャップに負けてしまうと、最悪の場合、すぐに会社を辞めてしまう羽目になるかもしれません。

そういったことを避けるためには、学生時代からある程度の社会経験を積んでおくのがいいでしょう。それには、アルバイトをするのが効果的かもしれません。実際に仕事をすることで、責任感やお金を稼ぐ大変さ、さらには職場での人間関係構築のやり方を体験して学ぶことができるはずです。学生のサークルの延長のような和気藹々とした同世代がたくさんいるアルバイト先ではなく、先輩がたくさんいるようなバイト先を選ぶとより効果的でしょう。学生時代にそういった社会経験を多く積んでおけば、いざ就職して仕事を始めてからギャップに悩むということを減らせるでしょう。

    Your email address will not be published. Required fields are marked *

    *



    You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>